日々のごはんと戯言


by emibu08
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お盆の思い出

今年は諸事情でお盆の帰省をしてない我が一家。
私の祖母の初盆なので、お墓参りには行きたかったんだけど、お彼岸までお預け。
行けないと思うからなのか、今年は小さい頃のお盆の記憶がやけに蘇る。

毎年8月13日になると、祖母の家ではごちそうをたくさん作ってお備えの準備をしていた。
赤飯、煮しめ、団子・・・その他多くの郷土料理。それらを折りに詰めて、お墓一つ一つにお供えする。
分家の私達は夕方近くに合流して、母に浴衣に着替えさせてもらい、ろうそくやお線香、ちょうちんなどを手に持って、キャッキャキャッキャと騒ぎながらお寺まで歩いていった。
一人っ子の私は、年の近い分家のいとこ達と遊べるのも楽しみの一つ。

お墓とお墓を針金でつなぎ合わせ、そこに持ってきたちょうちんをくくりつけてろうそくを灯す。
「全部のお墓を拝んだら、ごちそうを食べてもいいよ」
といわれて、持ってきた折詰めの料理や、お菓子、果物なんかを頬張ったなぁ。
今となっては、あまりおいしいと思えなくなったゼリー菓子や、姫りんごもみんなで食べるとおいしかった。

お寺からの帰りには、近所の駄菓子やさんで花火を買ってもらって、
おばあちゃんちでみんなで花火。
中に入るととうもろこしや枝豆が茹でてあって、また食べて・・・。
でも、そんなには食べられなくて、「中途半端に食べてっ!」って親に怒られたり。

最後に広い座敷に布団をいっぱい敷いて、いとこ達みんなで雑魚寝した、なつかしい思い出。

あの、おばあちゃんちの煮しめ、食べたいなぁ・・・。
どんなおいしいお店の煮しめでも、自分で作ったのでもなく、おばあちゃんちの煮しめが。
[PR]
by emibu08 | 2009-08-15 18:03 | その他