日々のごはんと戯言


by emibu08
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:本( 7 )

味覚の基本

小さい頃、私はかなりの男舌で、「甘いものなんか食えるかこのやろー」的な感じでした。

親戚のおばちゃんが、子供が喜びそうなお菓子を買ってきてくれても見向きもせず、
醤油煎餅とか、漬け物とか、鮭とばやするめのような酒の肴を好んで食べてたし。
「emiちゃんは、何を買って来たら喜んで食べてもらえるのかな・・・」
なんて言われてたな(^^;

うちの母が洋食を作れない人で、魚や郷土料理ばっかり食べていたという背景もあるのだけど。

好きなおにぎりの具は?と聞かれれば、
たいていの子はシャケとかツナマヨなのに、私は
「味噌漬け大根と筋子」
とか答えてたし・・・・。

ケーキも焼き菓子も大嫌いで、誕生日やクリスマスは代わりに「アイス」。
それも、バニラやチョコなんて眼中になく、レモンシャーベットとかグレープシャーベットとか、
かなり酸味の強いもの。
あまさ超控えめの和菓子は、かろうじて食べられたかな。
(夫にこの話をしたら、「そんな子供いやだー・・・」と、かなりひかれました・笑)

そんな私も、いろんなお友達と外で食事をするようにつれ、大人になる頃にはほとんどのものが食べられるようになりました。
今は洋食も大好きだし、ケーキも喜んで食べます。

だけど三十路も過ぎて、やっぱり私の味覚の原点って母の故郷の料理にあるような気がしています。
よそ見もして、ジャンクなものも、洋食もエスニック料理も一通り作ってみたけれど、
やっぱり極めたいのは和食。最近特にそう思うようになってきました。

もっとおいしい和食が作れるようになりたいな・・・。
と思って、最近参考にしているのが、料理人の野崎洋光さんの本。
NHKの雑誌や料理番組などで何度か目にして、前から好感は持っていたのですが、
レシピ本を見て、ますます好きになってきました。

同じ東北出身なのもなんだか親近感がわくし、一手間かかるレシピが多いけれど、決して難しくはない。
そしてレシピはすっきりとしておいしい。
有名な料理人さんなのに気取った感じがしないし、離乳食の本なんか出してるのも主婦にはポイント高。
そして何よりも、下ごしらえの方法が、うちの母のやり方とほとんど同じなのです。
これは好きになるはず、だよね。

かたっぱしから野崎さんの本を買いあさりたいなーと思いつつ、図書館で借りて気になるレシピをメモっています。
今気になるのは、野崎さんのお弁当の本。中身はまだ見ていないけど、なんかすごくそそられるんだよねぇ。買ってしまいそう・・・。
[PR]
by emibu08 | 2009-09-29 14:26 |

朝ごはん食べてますか?

天然生活5月号は朝ごはんの特集でしたね。
本日、書店にてパラパラと目を通してレジに直行してしまいました。

うちは朝はほとんどゴハン(米)で、パンやスコーンが週に1度あるかないか。
しかも納豆、卵、前夜の残り物、味噌汁・・・とかなりマンネリ。
パンになると和風のおかずが合わないことがあるので、それなりに作るんだけど、
そういうときってなんだかすごく新鮮で、幸せな気持ちになるんですよね。
ああ、たまにはパンもいいな~なんて。

お昼ごはんも、夕ごはんも、きちんと作ったものは幸せを感じるけれど、
よくよく考えてみたら、朝にちゃんとしたものを食べるのが一番幸せかも。
一日の始まりに丁寧に作ったものを食べて、うれしくなったら、今日一日がんばろう!って
パワーがわいてくるものね~。

この本を読んで、ちょっと朝ごはんがんばろ・・・と思ったのでした。(がんばれるか?私!?)
[PR]
by emibu08 | 2009-04-05 22:59 |

ネタ切れなので・・・

今月は体調を崩していたこともあって料理熱が下降気味。
未だに何かを作りたいな・・・という気になれず、
焼き魚に副菜をちょこっと、とか定番の煮物とか、かなり食卓がマンネリ気味。
そんなんでブログネタも底をついたので(笑)、今日は脱線して雑誌の話。

本を読む時間がなかなか取れない中で、比較的買う率が高いのがFUDGE。
3月号はデニムとリネンの特集でかなーり鼻息荒くして読んでました。
いいなー、こんな素敵な服が着れたらいいのになーと指をくわえて見ています。
中でも気に入ったのが、doo・riのリネンノースリーブチュニック。
暖かくなったらこんなのを着て街をあるきたいワ・・・などと夢見るも、
主婦には到底手の届かないお値段(^^;  
しかも現実は、子供にひっぱられーの、ヨダレの顔ですりよられーの。
着れるわけないがなー、と思いつつも、やっぱり素敵なものを見るのは目の保養になります。
いつかこういうのを着られる日がくるのかしら・・・!?

もう1冊買ったのが、クロワッサン。
『「片づけ嫌い」を直す方法』に吸い寄せられました。
恥ずかしながら、掃除とか片づけ、苦手なんですよね(^^;
まださらっとしか読んでないけど、有元葉子さんの片づけ術なんかも載っていて、興味津々。
これで来年度は少しキレイな部屋になるだろうか・・・。

そういえば去年の今頃も、クロワッサンの「やる気にさせる家事のコツ」とか買ってたなー、私。
この季節って、なんとなくお部屋をすっきりさせたくなるんですよねー。
[PR]
by emibu08 | 2009-02-28 21:29 |

ドドドドドドーナツ♪

今月誕生日の私。ちょっと気が早いですが自分へのプレゼントに長方形のタルト型と本を買いました。

ライフログにも載せている、おいしいドーナツの本。ずっと前から欲しかったんです。
お菓子の本はたくさんあるけれど、ドーナツだけの本ってあんまり見かけないんですよね。
家で作るドーナツといえば、ホットケーキミックスで作るものだけだったけれど、これにはお店で売ってるようなシュー生地やパン生地のドーナツレシピも載っていて、家でのドーナツライフ(?)が楽しくなりそう。

本のドーナツの写真も、見ていてとても心が和みます。
著者の柳瀬さんも書いていたけれど、ドーナツってこうしてじっくり見ると、とってもかわいらしいお菓子ですよね~。

あぁ・・・お腹空いてきた。
[PR]
by emibu08 | 2008-11-06 22:42 |

食べて育つ

この前立ち読みしたときに、もう1冊買ったのがLingkaran Vol.36 8月号。
子供ごはんやおやつ、母親の食生活、ホームケアなど、私にはタイムリーな記事が多く、保存版かなぁと思って買ってみました。

授乳中の食事については、うんうん納得と思う反面、これが絶対ではないし、ここまでストイックにしなくてもいいかなぁ~とも思ってしまいました。お母さんや赤ちゃんの体質もあるし、この食事内容で全てがうまくいくのかといったら、そうではないような(^^;
私も始めはかなり食生活に気をつけていたけれど、それでもなかなか母乳が軌道に乗らなくて、悶々としていたなぁ。今考えれば、情報に惑わされず、リラックスして自分の体と我が子に向き合えばそれでよかったのかなぁと思います。

・・・と書くと、なんかLingkaranを否定しているようですが、そうではなく~。
なかなか参考になるレシピもありましたよ~。黒豆の蒸しパンなんて、おいしそうっ。新豆がでたら、早速試したい。

あと役に立ちそうなのが、体調不良のときの食材を使ったホームケア。
1歳を過ぎてから、熱を出すことが多くなって病院に行く回数が増えたのだけれど、
意外と余計(?)な薬をいただきます。
「ちょっとノドが赤いから炎症をおさえる薬も出しますね」
なーんて。

病院の先生は、うちの子の症状を診て、適切な判断をして適量を処方してくれるんだということはわかってはいるのだけれど、正直小さいうちからあんまり薬を飲ませたくないのです。
なんだか自然治癒力を弱めるような気がして。
ノドが少し赤いのなんて、薬に頼らなくても治りそうだしー。
と、勝手な判断で必要だとおもう薬しか使わない私・・・。間違ってたらごめん、息子、許せ。

本では症状別にレシピが載っていてかなり参考になりました。干し柿とかドライプルーンって咳に効くのね~。咳っていうとかりん酒のイメージがあったけど、1歳児には無理かなァと思っていたので、何かの時には干し柿、試してみよう!

へぇ~と思ったのが、聴診器を常備しておくといいんだって。あれって妊婦のときに心音が聞けるとかで雑誌に載っていて、産んだら使わないしな~と思って買わなかったけど、子供のちょっとした変化を知るのにいいんだそう。偶然、今日お店で聴診器を見つけ、悩んだけれど買わずに帰宅・・・どうしよう~、買うべきか。
[PR]
by emibu08 | 2008-08-24 23:29 |

新入りです。

立ち読みができない。
当たり前のようにやっていたことだったんだけれど、子供がいるとなかなかできないのです。
一緒に本屋に連れて行くと、もって15分。だんだんと体をバタバタさせ、キーキーと声をあげはじめたらハイ、そこまで~。しょぼーんと帰路につきます(笑)

今日は夫に「2時間だけ一人の時間をちょうだい」と言って、本屋にかけこみました。
とはいっても、細々した買い物と用足しも含めてなので、タイムリミットはせいぜい1時間。
いつものように雑誌からむさぼるように読み始め、カルチャー本、子供向けの本・・・・そして踏み入れてはいけないと思いつつも、レシピ本のコーナーへ。
あああ、やっぱり買っちゃった(^^;

b0156823_22123311.jpg渡辺有子の料理あかさたなという本。
パラパラとめくって、ひとめぼれ。
実は渡辺有子さんの本って、なんとなーく手にする機会がなくて、あまり読んだことがなかったのです。伊藤まさこさんは好きでよく読んでいたのですが、前にこのお二人の本を図書館で借りたときに、「あっ、渡辺さん意外と好きかも」と思いました。

その、伊藤さんと渡辺さんの本の中に、「紫キャベツのマリネ」のお話が載っていて、気になっていたんですよ~。そしたらこのレシピ本に載ってた!他にも素材を生かしたおいしそうなレシピばかりでした。
この料理を作るために、新鮮な食材を買いに出かけたいくらいだわ~。レシピみんな試したい!
そして写真を全て真上から撮っているのもいいなぁと思う。
アングルを変えたらもっとおいしそうに見えるのかもしれないけれど、このほうが「勝負!」って感じが漂ってきて好きだな~。
[PR]
by emibu08 | 2008-08-16 22:30 |

にんじんの色

松谷みよ子さんの有名な本といえば、「いないいないばあ」。
息子が4ヶ月のときに市からもらい、今ではお気に入りの1冊です。

ほかにも松谷さんの絵本はいいなぁと思うものが多く手にとって見ていたのですが、
最近の私たち親子のお気に入りはこれ。

b0156823_2351036.jpg
にんじんさんがあかいわけです。

タイトルを見て読みたくなりません?
内容も語り口調で、読んでいて楽しい。子供は気に入ると何度も何度も「読んで」のおねだりをしてくるので、大人も読んで楽しいのが重要。
不思議とこれは何度でも読んであげたくなるんですよねー。

ちなみになんでにんじんが赤いかというと、
「熱いお風呂にがまんして入っていたから」
なんですね~。へ!?って思った方は、機会がありましたら目を通してみて下さい(笑)
[PR]
by emibu08 | 2008-08-05 23:16 |